ポケカ中心のツイートをまとめてます

【考察記事】ニンフィアGXの使い道を考えよう

ninfgx.png


新弾のカードリストを確認して何よりも使いたかったのが《ニンフィアGX》です。発売日に3枚購入してどんなデッキを組もうかと悩みに悩んでデッキ構築しました。すべての技が非常に強いので考え甲斐があります。



ニンフィア姉貴のワザの紹介

マジカルリボン
ninf01.png

 まあとんでもないテキストです。BW時代ならパソコン通信(ACESPEC)がありましたが、それを手札コストなしで3回使ったような効果となっています。進化前の《イーブイ》の特性「エナジーしんか」を使えば後攻1ターン目から使えるため早期での盤面形成が可能です。《N》や《ジャッジマン》などには弱いですが、最序盤なのでNが相手の手札にないことも多いです。

 このワザでどのカードを持ってくるかが非常に悩みどころでした。3枚でもっとも相手に負担をかけるような組み合わせはどんなものがあるか?具体的な最序盤の動きとして以下のような事を考えました。

nindck01.png
ミュウは結局あまり噛み合わなかったので採用しませんでした

nindck02.png
基本は後攻選択が動きとしては早いと思います
Mレックに対しては1ターンの猶予を与えてしまうと次ターンで倒される恐れがあったためウソッキーを採用しました


nindck03.png


nindck04.png
相手の弱点を突けるならばこの動きが理想でしょうか
ニコタマを手札に握っていてサーチ不要な場合は《フラダリ》でベンチから引きずり出せて強い

nindck05.png
《ルナアーラGX》はワンパンできないと《まんたんのくすり》で全回復の恐れがあるので対策が必要でした。
そのため弱点を突ける《ゾロアーク》を今回は相方に採用しています。
また、相手が特性に大きく依存しているデッキならダストダスを素早く立てる必要があると感じました。ノーマークの段階で突如ベンチにダストダスを召喚する一手はぜひ決めてみたかったです。



ようせいのかぜ
ninf02.png

 シンプルですがニコタマ対応110ダメージはシェイミにも届くので優秀です。《ちからのハチマキ》 or 《ククイ博士》の効果で130ダメージ出せるので《ゲッコウガ》《イベルタル》に打点が届きます。さらに弱点エフェクト付加で260まで伸ばせるので《ソルガレオGX》,《ジュナイパーGX》もワンパン圏内となります。そのためニンフィア主体のデッキでは《こだわりハチマキ》よりも《ちからのハチマキ》の採用が優先されるのではないでしょうか。



プリエールGX
ninf03.png

 実戦使用前は「つよそう」というイメージでしたが,実際に使ってみた所「めちゃくちゃ強い」の一言でした。相手の場にエネが付いて育っているアタッカーが3体以上並ぶ事はあまりないので、ベンチの主要アタッカー2体を手札に戻すことに使いましょう。アメで進化したポケモンやソウルリンクをメガホンで飛ばした後のプリエールGXは非常に有効だと感じました。

フラダリ → プリエールGX → 次ターン N!

 これが決まると気持ちがいい!アドバイスされて気がついたのですが《あなぬけのヒモ》を使うとサポートを使わずにアタッカーをベンチに送れるのでぜひ採用したいと思いました。



使用デッキ:ニンフィアよくばりセット
C3Ux35eVcAE61c-.jpg

● サブアタッカーにニコタマ&エフェクト対応《ゾロアーク》を採用
● ダストダスは薄く1-1ラインで投入
● ボルケニオン対策は切って雷&炎エフェクトを追加(もしいてもダストで押し切れると思った)
● 欲張り枠に《ウソッキー》《ケンタロスGX》《ヤレユータン》採用
● 奇襲のために《ミツル》兄貴をピン挿し
● サイドにキーカードが落ちるとエフェクト付けられないので《タウンマップ》を採用


 「ダストダスを立ててしまったら『エフェクト』『なりかわる』も使えないしアンシナジーじゃないか!」

・・・と思うかもしれませんが、これでいいのです。コンセプトとしてはニンフィアで必要なカードを持ってきて相手に合わせて場に出すか切るかを選ぼうと考えていました。自らの特性を犠牲にしてでも相手の特性を封じる必要があれば,マジカルリボンでダストを早期から立てに行きますし、必要ないと判断すればエフェクトブイズを育てて弱点を突く動きを狙います。たねポケモンを欲張ってたくさん入れているので初手にブイズが来ないことが多いですが、その点は《かるいし》や《フェアリーガーデン》でごまかしています。




ジムバトル対戦結果

午前の部 参加者:10名 スタンダード60枚

1戦目:VS ルナアーラエーフィナンス 負け(4-6)

 相手はルナアーラだったのでゾロアークを出していこうと考えていました。序盤にネストボールでゾロアを場に出すことができ、その後マジカルリボンを使ったのですが、「ミツル」「ダブル無色」「ちからのハチマキ」を持ってきました。しかし、選択後に気がついたのですがここは次ターンに《ゾロアーク》に手札から進化させればよかったので「フラダリ」「ダブル無色」「ゾロアーク」の3枚選択が最善手だったと思いました。そのため相手ベンチのルナアーラGXを倒す手が1ターン遅れてしまった点が失敗でした。
 ニンフィアで弱点を突くことができずに中打点攻撃は《まんたんのくすり》で回復されてしまう上に、エーフィGXのサイコキネシスに非常に苦しめられた試合でした。GXワザもケンタロスGXで使ってしまい,エーフィは1度も「ようせいのかぜ」を使わないまま敗北。途中でエネルギーが貼れないターンが続いてしまったのも辛かったです。

・・・ということであっさり初戦負け。ここで対戦の反省から以下のようにデッキ変更を行いました。

Out:レックウザ(コロコロ付録),かたいおまもり,クロケア
In:基本フェアリーエネルギー,トレーナーズポスト×2


途中に動きが止まってしまったターンが多かったためポスト投入。基本妖エネルギーは初手に来ないと進化に繋げられないため1枚増やしました。



午後の部 参加者:10名 スタンダード60枚

くじ引きで今回はシード枠でのスタートでした

1戦目:VS Mミュウツーダスト 勝ち(6-3)
 MミュウツーEXは弱点が付けない上に、ダメカンを移し替える「ダメージチェンジ」があるので最も当たりたくないデッキの1つでした。そのため対戦開始時から「どのタイミングでプリエールGXをうまく使うか?」ということを考えて対戦しました。
 序盤はやはりMミュウツー側はシェイミEXを複数使い高速展開を開始。こちらはウソッキースタートだったのであまり相手に刺さっているような気はしませんでしたが、この間にベンチでニンフィアを育てることができました。相手の場の1体目のMミュウツーEXをケンタロスとニンフィアなんとかで撃破しましたが、この時点でサイドは2-3と相手が1枚有利な状況。相手の場にはエネの付いたMミュウツーEXとミュウツーEXがいたため、ベンチのシェイミをフラダリで呼んだところで「プリエールGX」を使い、アタッカー2体を手札に戻し、場にはシェイミ2体と軽石付きフーパの3体のみに。次ターンで《N》を使用したことでM進化のキーカードを山札に戻すことができ、その後はシェイミEXを2体倒して勝ちました。「プリエールGX」の強さを身をもって感じられた試合でした。

準決勝:VS ソルガレオドータクン 勝ち(6-4)
 お互いなんとなく手の内はわかっている身内での対戦。タイプ相性的には不利ですがソルガレオGXのワザはそもそも230ダメージなので弱点関係なく一撃です。序盤は3ターン目にソルガレオGXがGXワザでエネ加速をして場には2体のソルガレオが登場(片方はアメ進化)しました。次ターンにシェイミ?(うろ覚え)をフラダリして「プリエールGX」でソルガレオGX2体を手札に戻すことができ、その次のターンに《N》を撃つことはできましたがまたすぐにソルガレオが立ちそうな盤面でした。
 ここでバトル場のヤブクロンをダストダスに進化させ軽石がないためやむを得ずハチマキを貼って特性をストップ。後から振り返るとここが勝負の分かれ目だったと思います。次ターンにダストダスに妖エネを貼って《フェアリーガーデン》の効果で逃してニンフィアでエネのついていないソルガレオGXを1体撃破。しばらくの間動きを止めることに成功しましたが、その後《ダストダス》を処理されてしまいます。
 特性ロックは解除されもう1体GXを倒せば勝ちという盤面でブースターを出し「フレアエフェクト」は付けられたのですが、そのターン内にハチマキorククイ博士が引けず220ダメージ与えたところでソルガレオGXに逃げられてしまいます。
 その次ターンは《フラダリ》を使えれば勝ちでしたが、サーチャーは《N》で流されてしまいました。ここで手札2枚消費しヤレユータン君の特性「さいはい」のおかげでサーチャーを引きベンチのソルガレオを倒して勝利。1つのプレイミスで勝敗が分かれる試合だったのでかなり白熱した試合が楽しめました。

決勝:VS 白レック 勝ち(1-0)
 相手はレックウザEXスタートだったのですが、1ターン目はレックウザ単騎で終了。手札事故と考え《N》は使わずにプラターヌ博士でリソースを切って《ネストボール》を引いてウソッキーとイーブイ計2体を場に準備します。次ターンと次々ターンでウソッキーが倒されてしまいましたが、そこまでずっとレックウザEX単騎。多分手札は相当事故っていたんだと思います。返しのターンでニンフィアにエレキエフェクト付加して勝利!本来ならウソッキーを入れていなかったら厳しい試合だったと思います。

結果:3戦3勝で優勝

対戦していただいた方ありがとうございました!リアルカードの面白さを久しぶりに味わえて楽しかったです




ニンフィアGXに対する感想










みなさんもぜひニンフィアGXを使ったデッキで新環境を楽しんでください。長文記事にもかかわらず最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事

2 コメント

Xyst(ジスト) 参考にさせて頂きました (2017/06/11 21:57)
初めまして!最近ポケカの対戦に興味を持ち始めた者です。

好きなカード3枚サーチのあまりにもキチガイすぎる優秀な効果に惹かれてデッキを組んでみようと思ったものの何をすればいいかわからず・・・。
いろいろ調べてみたところ、「ニンフィアよくばりセット」にたどり着いたので9割くらい真似してみたデッキを組んでみたところ、結構使い勝手がいいですね。

タウンマップや釣竿を採用していないので、そのあたりの重要性が使い込んでくるのわかるのかな?と思いつつ使ってます。

これからも参考にさせて頂きます。長文失礼致しました。
lipton  (2017/06/24 07:26)
コメントありがとうございます。ニンフィアの3枚サーチは幅広くいろいろな事が出来るので可能性は無限大だと思います。面白い組み合わせがありましたら、ぜひ教えてください。

記事への感想,コメントお待ちしてます



該当の記事は見つかりませんでした。