ポケカ中心のツイートをまとめてます

【千葉1日目】BWレギュの強力カード5枚をピックアップ

千葉1日目はBWレギュレーションで大会が開催されます。独断と偏見でBW環境でよく使われそうなカード5枚をピックアップしました


▼ アーケオス(BW2)

archomp.png

特性「げんしのちから」によりお互いの場のポケモンを手札から進化できなくする強力ロックカード。このカードのせいで進化ポケモンをアタッカーとして採用するタイプのデッキは《オカルトマニア》や《ソーナンス》を積まないと安定しない。XYで登場した《マツブサの隠し玉》のおかげで先行1ターン目からの進化ロックが可能。マツブサ使用デッキの多くはアーケオスや《エルレイド》をピン積みで採用し、相手デッキによってどちらを立てるか選ぶ。《進化ソーダ》《ミツル》は無効化できない。



▼ ヤミラミ

yammyr.png

「ジャンクハント」が非常に強力!グッズを2枚回収できるため《クラッシュハンマー》連打でのエネルギー破壊や《いたずらスコップ》での相手デッキ操作&LOが強い。《時のパズル》を2枚回収すれば、次ターンに任意のカードをトラッシュから回収できる。ダストダスと組ませて特性ロックが決まれば、相手が1ターンに1枚しか貼れないエネルギーを剥がしていくだけで無力化できる。《ダークパッチ》やエネ加速できる《イベルタル》《メレシーBREAK》に対しては厳しい戦いになるが、海外BWレギュの大型大会でもベスト8に入賞するほどの安定感がある。1度パターンに入れば《いのちのしずく》回収できるのでサイドを取られて負ける可能性は低いが、一戦にかかる時間が非常に長いのが欠点。



▼ ファーストチケット

firsttickw.png

入れているたねポケモンの数による確率の変動はあるものの4枚積めば先攻を7割弱の可能性で取る事ができるカード。前述の進化ロックやグッズロック《オーロット》など先攻を取る事で勝率が大きく変わるデッキはいくつかあります。初手にファーストチケットを引けなかった場合もXYで登場した《バトルコンプレッサー》で捨てればOK。じゃんけんに自信がある人は採用しなくて大丈夫


▼ ダークパッチ

dpatch.png

お手軽エネ加速カード。XYでは《バトルコンプレッサー》があるのでBW環境よりもお手軽にエネ加速できます。BWレギュでは悪タイプの採用が多いためオーロットには辛い環境かもしれません。



▼ どくさいみん光線

dokusaiw.png
グッズ1枚で相手をどく状態にできる上に、25%の確率で次ターンの相手の攻撃を防げるかもしれないとんでもないカード。《タチワキシティジム》でポケモンチェックのたびにダメカンが3つ乗るため、ワンパンできない時の打点調整に便利。対策としては《ビリジオンEX》や《かるいし》付けた《ケルディオEX》《ゾロアーク》で状態異常無効化・キャンセルができる。




 広いカードプールの中でどんなデッキを組み上げるのか非常に気になります。BWレギュでの大型大会は久しぶりなので、どのポケモンが多用されるのか予想しにくいですね。

 悪タイプのポケモンを使用したデッキが増えそうなのでオーロット使用率がやや減るのではと考えていますが、ファーストチケットの恩恵が大きいのもオーロットなんですよね。オーロットが減る場合は行進が増えそうですが、行進に対してはタスキ&ベンチ攻撃の《ランドロスEX》がいて......。正直なところまったく環境が読めません。


進化ポケモンを多用したデッキはアーケオスを考えないといけないので、たねポケモンのアタッカーを採用したり、特性を一時的に無効化する手段を考えておかないといけないです。BWレギュでは《パソコン通信》や《ジラーチEX》が使えるので1ターン目でアオギリやマツブサを使える可能性が高いです。


つまり言いたいことは...1ターン目が大事!


参加される皆さん頑張ってください!
関連記事

記事への感想,コメントお待ちしてます



該当の記事は見つかりませんでした。